屋根・外壁・雨樋の修理は富樫外装レスキュー隊へ!

その他

クリーニング工場のドア入れ替え工事 三条市

いつもお世話になっているクリーニング工場から、ドアノブが外れてしまったので至急見て欲しいとの問い合わせがありました。
前から閉まりが悪かったそうですが、突然取れてしまったそうです。
ドアノブの新しいものを取り付けようと思いましたが、ドア自体も経年劣化しているのでドアの本体の交換依頼を受けました。

ドアと周りの外壁を剥がして新しいドアを取り付けました。

周りに新しい外壁を張って完了です。

建物の外回りに関すること、なんでもご相談ください。
また、地元の安心できる業者との付き合いがありますので、内装に関するご相談も承ります。

リフォームフェアについて地域情報誌情報サイト「365燕三条」に掲載していただきました!

今年は本当に雪が少ない冬でしたが、されど新潟の冬!見えないところに、冬を越したほころびが出ていることは間違いありません。
特に「家」は、寒さや積雪から私たちを守ってくれていますが、気がつきにくい部分に傷みが出ています。
春を迎えたこのタイミングで、お家の傷みをしっかり点検して必要に応じて修復することが大切です。
そんな、屋根や外壁、雨といの傷みをしっかりと相談・修復してくれる「地元の職人がご提案する」リフォームフェアが3月31日(日)に開催されます。

「どこに頼んだらいいんだろ。」
「困っているけど、どうしたらいいかわからない。」
などなど、ご自宅の修繕に関して、お困りのことがあれば、なんでも気軽に聞けるイベントになっています!

地域情報誌情報サイト「365燕三条」

地元の職人がご提案します!第16回県央NSP会「リフォームフェア」3月31日(日)開催!

三条板金工業組合青年部主催技術研修会【アルミ缶折り鶴 作成】

昨日の夜、三条市職業訓練校で行われた「折り鶴作成講習会」に参加してきました。
まず、アルミ缶の底部と飲み口の部分を切り取って平板状態にしました。

今回は、シールを貼って、墨出しの手間を省きました。

この作り方に沿って作りました。

株式会社 金鹿工具製作所

 ↓ こちらが昨日作った鶴です。
2年前のリフォームフェアでは来場者に教えていたはずですが、すっかり忘れてしまって四苦八苦しました…

31日のリフォームフェアでもアルミ缶折り鶴教室をやるのでもうすこし練習したいと思います。
お子様に大人気です。リフォームフェアのついでに是非作ってみてください。
リフォームフェアの詳細は後日お知らせします。

『さんじょうおしごとナビ』掲載

三条市では、人材不足の緩和を目的に、市内各企業の魅力と求人情報を掲載するホームページを3月7日に開設しました。
そこに富樫外装も掲載させていただき、求人情報も載せております。

三條新聞にも記事が掲載されていました。

三条市には魅力ある企業が様々あります。
富樫外装でも、一緒に働いてくれる仲間を募集しています。
興味のある方は、こちらをご覧ください。
『さんじょうおしごとナビ』

https://sanjo-oshigotonavi.jp/

暖かくなり、お家の点検に最適な季節となりました。
富樫外装では屋根・外壁・雨樋など点検無料で行っております。いつでもお気軽にお問い合わせください。
また、地元建築板金店5社による『県央NSP会』主催のリフォームフェアが3月31日に行われます。詳細は近々お知らせします。

工場の換気扇からの雨漏り 三条市

工場の換気扇からの雨漏り事例です。
ご自身で取り付けた換気扇付近から雨漏りするとのことでした。

駆けつけて調査をすると、換気扇のみの取り付けで、フードがない状態でした。
雨の降り方や風の向きによっては雨がたくさん入ってしまいます。

今回、換気扇自体がもう不要との事でしたので、撤去し、穴の開いた部分に同色のシルバーで加工した板金を張りました。周りをコーキングでおさめて完了です。
これで雨漏りの心配はありません。

ご自身で補修したり、小さなリフォームをすることもあるかと思います。その後不具合があった、よくわかないことがある、など心配事がありましたら、いつでもご相談下さい。

磁石がつく壁 クロス張り前の板金工事 三条市

お部屋の壁にプリント類を貼ったり、写真を飾ったりしたいけど、ピンで穴があくのは嫌!なんて思う方、多いかと思います。
今回、お部屋の壁紙を張り替えられるお客様から、磁石がくっつくようにしてほしい、という要望があったそうで板金を張りに行ってきました。

まずは、板金が剥がれてしまわないように接着剤のコーキングを壁にしっかり塗ります。

さらに四方には強力な両面テープも併用して、板金板を張りました。

別の面にも同じように板金を張りました。

この後に継ぎ目部分を丁寧にパテ塗りして微妙な段差を無くしてクロス(壁紙)を張って完成になります。

自分の作業が終わったら、直ぐに別の現場に向かったので仕上がった写真はありません。
壁に直接、写真やポスターやメモ等も貼れるので大変便利です!

実は、我が家のリビングの壁の一部も同じように板金が入っています。板金が入っている段差も気にならず、しっかり磁石がくっつきます。

新築や内装リフォームをお考えの方、おすすめです!!

セキノ興産見附店の2019年大展示会に行ってきました!

2019年1月19日に行われたセキノ興産見附店の展示会に行ってきました。

KMEW はる一番の新柄が2種類登場です。
3月に開催を予定している私達の展示会でも展示してご紹介します。

いつもお世話になっている株式会社河井工業のブースです。新商品の雪止め金具が展示されていました。

新しい道具や新商品をたくさん見ることができてとても勉強になりました!
私たち板金工も進化し、よりよい住まいのために頑張っていきたいと思います。

雨樋掃除ボランティア、越後ジャーナル掲載!

先日の三条板金工業組合青年部のメンバーで行った雨どいの掃除ボランティアについて越後ジャーナルさんに掲載されました。

地域密着型の板金屋として、この地域に感謝し、ボランティアを行っております。これからも続けていきたいと思っております。

気付かないうちに、雨樋に泥や枯れ葉が溜まっていることがあります。そのままにしておくと排水がきちんと行われず、建物の劣化にもつながります。雨樋の掃除のみも行っております。高所作業になりますので、我々プロにお任せ下さい。

雨水貯水タンクの設置

今年の夏は猛暑で、外仕事はなかなかハードでした。そんな中でしたが、体調不良を起こすことなく夏を終えました。感謝!!

さて、雨水貯水タンクの取り付け工事についてご紹介します。

このように竪樋からタンクに流れるような仕組みとなっております。タンクがいっぱいになると通常通り竪樋を流れて排水されるのでタンクから溢れてしまう心配はありません。

この蛇口をひねると、中の水が流れます。

家庭菜園、花壇、植木等の水やりに使用できますし、災害時で水道が止まってしまった場合にトレイのタンクに入れることでトイレの使用も可能となります。
また普及が進むと、雨水を溜めることでゲリラ豪雨時に浸水被害を抑えることもできるのでは・・・と思います。

今回はお客様が商品を購入されたので設置のみでしたが、購入から設置までトータルでサポートさせていただきますのでお気軽にお問い合わせ下さい。
今年の夏は雨が降らない日が続き、畑・田んぼ共に水不足が深刻でした。このように少しでも雨水の蓄えがあるとありがたいですよね。
農家の方々、特におすすめです。

物置小屋の基礎部分のクラック補修 見附市

物置小屋の基礎部分にクラックを見つけたのですが、このような補修も可能ですか?と問い合わせをいただきました。
2ヶ所、クラックを見つけました。

                 

Before⇒After

   

  ↑ このように専用のセメント補修剤を使ってクラックを埋めました。
これで雨が入る心配もありません。

お家のお困り事なら株式会社富樫外装にお任せを!
小さな補修も喜んで承ります。