屋根・外壁・雨樋の修理は富樫外装レスキュー隊へ!

作業日誌

破風板の板金巻き工事 三条市

風雨にさらされて腐食してしまった破風板を大工さんに部分補修してもらい、次世代ガルバリウム鋼板『エスジーエル鋼板』で巻きました。

塗装に比べると最初のコストは高くなりますが、長期的にメンテナンス不要となります。
コゲチャ色でカッコよく仕上がりました。

Before

Before⇒After

After

トラック接触による雨樋の補修工事 三条市

昨年の事例です。
トラック運転中にお取引先の雨樋を壊してしまったから、見て欲しいとの依頼を受けて現場に駆けつけました。

最初は竪樋(パイプ)の交換だけで済みそうかな、と思いましたが、良くチェックしてみると集水器ドレン部分にも割れが見られました。
それに伴い、軒樋の部分補修とドレンの入れ替えを行い、竪樋を繋ぎ直して工事完了です。

エスロン超芯P型250という軒樋が取り寄せで少し時間を頂きましたが、スピーディーに補修することが出来ました。
ぶつけてしまった方も心配しておられましたが、 すぐに駆け付け、部品が届き次第すぐに工事できたことで安心していただけました。

車庫改修工事③[外壁張り替え完了] 三条市

新年あけてから、暴風や大雪によってバタバタとしていました。
今日は久々の晴れでありがたい一日です。
暴風や大雪による損傷は、ご加入の火災保険から見舞金や工事代金の一部が支払われることもあります。
お気軽にお問い合わせください。

さて、以前の工事紹介の続きです。
屋根工事の後、外壁も張り替えました。

既存外壁を剥ぎ、新規外壁「角波板 ニスクカラーエスジーエル」を張りました。

Before⇒After

これで全工程が完了です。
工事期間は約2日、金額は約25万円の工事でした。

年末年始の休業期間について

本日の営業を持ちまして、2020年の仕事納めとさせていただきます。

今年はコロナ禍により、今までとは違う行動が求められる日々でした。
そんな中でも、たくさんの方々に支えられ、事故や怪我などなく無事に過ごすことが出来ました。
皆様、ありがとうございました。

来年も感謝の気持ちを忘れず、地域に必要とされる工事店を目指してますます精進してまいります。

年末年始の休業期間:2020年12月30日(水)~2021年1月5日(火)

メール・LINE・問い合わせフォームからのお問合せに関しましては、順次対応していきたいと思います。
また、自然災害等が生じた場合の応急処置も、可能な範囲で順次対応したいと思います。
よろしくお願い致します。

車庫改修工事[新規屋根張り]三条市

前回の続きです。
既存屋根を剥ぎ、下準備が整うと、新規屋根を張ります。
1・2台用の車庫の場合、およそ1日で下準備が終わり、1日で新規屋根を張ることが出来ます。

新規屋根材は『小波板 ニスクカラーエスジーエル』です。

棟を取り付け、屋根工事は完了です。

車庫改修工事[既存屋根撤去及び下準備]三条市

車庫の改修工事を行いました。
まずは既存屋根を撤去します。

次に、木下地を全面張り替えます。

その上から改質アスファルトルーフィングを張ります。

これで屋根を張る準備が整いました。

ここまでの作業は、屋根を剥がすため雨や雪の降っている日は基本的には出来ません。
これから本格的な冬がやってきます。屋根の心配事は、雪が積もる前がおすすめです。

ただいま、屋根の工事中です! 三条市

全国的に寒波到来とのことで、急ピッチで屋根工事を進めています。
先週から天気予報とにらめっこしていましたが、良くなる気配はなく…
雪が降ってしまっては、作業が出来ません。
と、いうことで、昨日も休み返上で工事をさせていただきました。
(せっかくの休日に、お客様・ご近所の方には工事音でご迷惑をおかけし、申し訳ありませんでした。)

おかげさまで、雪が積もる前に屋根工事は完了しそうです。

もちろん、急いでいても間違いない工事をお約束します!

折板屋根の点検[金物店倉庫屋根に穴を発見]三条市

隣の建物の工事の際、倉庫の屋根に穴が開いているのに気づいたため、屋根に上がり点検を行いました。

全体的には問題ない箇所がほとんどなのですが、一部錆が進行して大きく穴が開いてしまっているところがありました。
今のところ、建物の中へ雨漏りしているのではなく、外壁と雨樋がある場所の隙間に雨が落ちる状態でした。
穴が大きくなれば、建物の中へ雨漏してきます。

雨がおかしなところから垂れてくる、など心配事がありましたら、お気軽にご相談ください。

工事後のアンケート

富樫外装では、工事後に任意でアンケートに協力して頂いております。
最近のアンケートをいくつか紹介します。

『お客様にわかりやすく説明し、安心してもらいたい』という思いで、説明や報告書にも力を入れています。
また、ドローンを使用しての調査や、外装シミュレーションシステムによるイメージ作りも安心につながっているようです。

もちろんよい意見ばかりではなく、こちらの至らない点などのご指摘もあり、それを活かしながらよりよいサービス・対応を考えて行っています。
これからも、安心・安全をモットーに地域に愛される工事店を目指したいと思います。

アンケートを書いて下さる、お客様に感謝です!!
とても励みになっています。

シート防水屋根の雨漏り調査[散水試験]

シート防水屋根の雨漏り調査を行いました。
まずは散水調査で原因を探しました。

地デジアンテナの控え金具部分のコーキングが劣化していたので一度取り外し、コーキングを充填して再取り付けを行いました。

この部分に関してはこれで雨漏りしないようになりましたが、他にも原因があるようで、雨漏りは止まりませんでした。
また別の箇所を疑い、調査を続けます。

雨漏りした場合、まずは原因を探ることが大切です。
なんでもかんでも直せばよい、すぐに屋根の工事をすればよい、というものではありません。
怪しいところを一個一個排除し、きちんとお客様に報告させていただきます。