屋根・外壁・雨樋の修理は富樫外装レスキュー隊へ!

作業日誌

雪止め金具の取りつけ

今年の大雪の際にいただいたお困り事です。
屋根から雪が落ちて、物置の屋根が壊れてしまいそうという相談でした。

後日、雪が溶けてから屋根を確認すると雪止めアングルが付いていませんでした。

雪国では雪止めアングルは必須です。
金属横葺式屋根でしたので後付式雪止め金具でアングルを取りつけました。

また、雪止め金具の変形事例もあります。
富樫外装では屋根の形状・勾配・大きさ・降雪量などから計算して雪止め金具の数を決定しています。
いい加減に考えてしまうと、雪止め金具が変形する恐れもありますし、下にいる人や車も大変危険です。
計算から導き出された個数を多く感じられることもあるかもしれませんが、安心できるように計算された個数ですのでご了承ください。

雪止め工事は我々屋根工事のプロにお任せください。

雨水貯水タンクの設置

今年の夏は猛暑で、外仕事はなかなかハードでした。そんな中でしたが、体調不良を起こすことなく夏を終えました。感謝!!

さて、雨水貯水タンクの取り付け工事についてご紹介します。

このように竪樋からタンクに流れるような仕組みとなっております。タンクがいっぱいになると通常通り竪樋を流れて排水されるのでタンクから溢れてしまう心配はありません。

この蛇口をひねると、中の水が流れます。

家庭菜園、花壇、植木等の水やりに使用できますし、災害時で水道が止まってしまった場合にトレイのタンクに入れることでトイレの使用も可能となります。
また普及が進むと、雨水を溜めることでゲリラ豪雨時に浸水被害を抑えることもできるのでは・・・と思います。

今回はお客様が商品を購入されたので設置のみでしたが、購入から設置までトータルでサポートさせていただきますのでお気軽にお問い合わせ下さい。
今年の夏は雨が降らない日が続き、畑・田んぼ共に水不足が深刻でした。このように少しでも雨水の蓄えがあるとありがたいですよね。
農家の方々、特におすすめです。

屋根改修工事・セメント瓦から金属屋根へ⑥[完成写真]三条市

このような仕上りになりました。
瓦から金属屋根に張り替えると外観がどうなるのか不安、と思われる方もいますが、特に違和感はなく、喜んでいただけました。

綺麗に仕上げることができ、よかったです。

屋根のお困りごとなどお気軽にご相談ください。

屋根改修工事・瓦屋根から金属屋根へ⑤[棟笠木及び雪止めアングルの取り付け]三条市

屋根工事の最後の仕上げ作業です。
棟笠木の下地にルーフィングを張ります。

そして、棟笠木の継手部分にはしっかりとコーキング剤を塗布します。
ここから雨漏りが発生したら元も子もないので、棟笠木は特に丁寧に作業します。

これで棟笠木は完了です。

雪止めアングルは2段取り付けました。

これで屋根工事全て完了です!
セメント瓦から金属屋根に替えることで屋根の重量が軽くなり、地震対策や大雪の対策になります。
天気も非常に良かったのでスムーズに工事を進めることが出来て良かったです。

それにしても暑いです。みなさん、熱中症には気をつけましょう。

屋根改修工事・瓦屋根から金属屋根へ④[立平ロック工法施工]三条市

とても暑い日が続いていますね。
富樫外装ではいつもより休憩を多くとったり、水分・塩分を補給しながら現場作業を行っております。

さて、屋根工事の続きです。
改修アスファルトルーフィングを張った後は新規屋根を張ります。
まずは屋根材を荷揚げしました。

そして、片面ずつ端から順番に張り進めます。

屋根材を全て張り終えました。 ↓

屋根材は立平ロック455という防水性の高い屋根材です。
後はてっぺんの棟笠木の取り付けと雪止めアングルの取り付けになります。

屋根改修工事・瓦屋根からセメント瓦へ③[改修アスファルトルーフィング張り]三条市

屋根改修工事の続きです。
瓦桟を全て取り除いた後、既存の防水フェルトも取り除きます。

全て剥がしましたが、木下地の腐食はありませんでした。
腐食がある場合は、その部分の木下地を交換します。

木下地の上に、改修アスファルトルーフィングを張って下準備完了です!
ここまで作業が終わると、この後雨が降ってしまっても雨漏りの心配はありません。

屋根改修工事・セメント瓦から金属屋根へ②[セメント瓦撤去・瓦桟の取り外し]三条市

昨日の続きです。
セメント瓦を下ろして、金属屋根に改修します。
 ↓ 写真のような滑り台を作って、瓦を下ろしました。

反対側の屋根はトラックを入れる場所がなかったため、手渡しのバケツリレーで下ろしました。

瓦を全て下した後、瓦桟と呼ばれる桟木を取り除きます。

細かいセメント瓦の破片や釘が残らないようにしっかり掃除しました。
これで撤去作業は終了です。

屋根改修工事・瓦屋根から金属屋根へ①[点検・調査] 三条市

屋根の点検を行いました。
屋根はセメント瓦屋根でした。塗装がほとんど剥がれてしまっていました。

割れている箇所も何箇所か発見しました。

メンテナンスの時期だと思われましたので改修の提案をしました。
セメント瓦を下ろして、安田瓦にするか、金属屋根にするか、相談したところ、金属屋根がいいとのことでしたので金属屋根に改修することになりました。
金属屋根の方が軽いので、建物への負担が少なくなるかと思います。

屋根の改修工事など、メリット・デメリット等お話しし、お客様にとって一番よい方法を提案したいと思います。お気軽にご相談ください。

Q & A 屋根リフォームの際の雨について

Q 屋根リフォームのときに雨が降ってきても大丈夫??

A. 既存屋根撤去後は、素早く下葺材を張ります。下葺材を張ってしまえば雨漏りの心配はありません。
   撤去予定日は事前に天気予報で確認し、雨が降りそうなときは、日程を延期しますのでご安心ください。

木造カーポート増設工事[立平ロック工法] 加茂市

カーポートの増築工事を行いました。
大工仕事の後、下葺材である改質アスファルトルーフィングを張ります。
屋根の勾配が緩いので、雨漏りしないようルーフィングをしっかりと淀板に巻き込みました。

その後、ガルバリウム鋼板を張りました。

屋根材はエスジーエル鋼板です。形状は立平ロック工法を採用しました。
雨樋はドブメッキ金具と半丸タイプです。

LINE@問い合わせできます。簡単登録ですぐに問い合わせが可能です。
https://line.me/R/ti/p/%40wpl5568b