屋根・外壁・雨樋の修理は富樫外装レスキュー隊へ!

雨樋工事

雨樋・竪樋の控え金具(デンデン)の外れ 三条市

雨樋の控え金具の外れの事例です。
ステンレス製の控え金具が外れていました。

外れたままだと風に煽られて他の部分も外れてしまう恐れがあります。たかが1か所と思わず、直した方が安心です。
梯子をかけて止め直しました。

地上から手が届かないところですし、無理はなさらず、このくらいで頼んで良いのかななどと思わずにお気軽にお声掛けください。

強風による竪樋の損傷[火災保険利用] 三条市

暴風により壊れてしまった竪樋の修理工事を行いました。
強風によって、竪樋が外れてしまったそうです。

軒樋に損傷は見られなかったので、集水器と竪樋を交換しました。

暴風による被害と認められたのでお客様がご加入していた火災保険を利用して工事をすることが出来ました。
火災保険は火災だけでなく自然災害による損害にも出る場合も多いです。
ご不明点はご加入の保険証券や代理店に問い合わせしてみると良いと思います。
必要な書類は弊社で作成しますのでお気軽にお声掛けください。

雪が降らないかわりに、強風による雨樋や小壁の損傷が目立っております。
ほんの少しの損傷でもどんどんひどくなっていきますので、早めの修理をおすすめします。

雨樋からの雨音の相談 加茂市

雨樋の曲がっているところから、雨がポタポタ垂れるから見て欲しいとの電話を頂き、調査に向かいました。

雨樋は割れ等もなく良好な状態でした。よく見ると、テレビアンテナを固定する針金を留めてる釘の部分からの伝い水がありました。これが、音の原因です。
釘の打つ位置を唐草に変更しました。これで伝い水も雨樋の中に入るようになりました。

このような小さなお困りごともお気軽にお問い合わせください。

台風による雨どい・軒樋損傷の緊急対応 三条市

台風19号による被害にあわれた方に心よりお見舞い申し上げます。

こちら三条市でも、雨や風による被害が出ております。
台風が接近する土曜日、過ぎ去った日曜日と、何件か電話をいただき、対応させていただきました。

台風前の問い合わせでは雨樋の外れ、軒天の剥がれなどの被害があり、できる範囲で応急処置をさせていただきました。

台風や強風などによる損傷の場合、ご加入の火災保険の対象となっている場合があります。
詳しくはお問い合わせください。
また、台風後、同じように雨樋や軒天、屋根などに損傷が見られる場合、不具合などの心配等、お気軽にお問い合わせください。

外壁工事中に雨樋の異変!? 加茂市

住宅の一階部分のリフォーム工事を行いました。
雨の中、外壁を張っていると、二階部分の屋根の雨樋から激しく雨が溢れていることに気づきました。
雨樋に異常はなさそうでしたので、ゴミが詰まっているのだと思いました。

写真を撮る余裕はありませんでしたが、やはりゴミが詰まっていました。
きれいに掃除を行うと、きちんと排水されました。工事の最中に気付くことができてよかったです。

周辺に木が多く落ち葉が落ちてしまう、瓦屋根の砂が流れ始めているなどが原因でゴミが詰まることがあります。
雨樋にゴミが詰まってしまうと、雨樋が正常に機能しません。
掃除のみも承っておりますので、お気軽にご連絡ください。

竪樋からの漏水[即時対応]三条市

屋上ベランダからの排水の竪樋パイプから雨が漏れるから大至急見てもらえませんか?と電話をもらって駆けつけてみるとエルボが割れていました。

部材の準備をしてすぐに交換工事を行いました。
これで雨漏りの心配はありません!

早目の措置で、他が傷んだり雨漏りにつながらず、よかったと思います。
地元の頼れる板金屋として、即日対応を心がけています。
その日の現場の場所や仕事状況により、すぐにうかがえないこともありますが、急な雨漏りや板金の剥がれなど、不安になりますよね。お客様の気持ちに寄り添い、対応していきたいと思います。
その場合、ホームページからの問い合わせより、電話やLINE@がおすすめです。

竪樋(エルボ部分)の壊れ 三条市

今年の冬の後にあった問い合わせです。

「雨樋が壊れただけの小さい工事ですが見てもらえますか?」と連絡を頂きました。
見に行ってみると、積雪の重みに耐えきれずにエルボ部分が壊れていました。

ホームセンターには部品も売っていますが細かいサイズ等もあり、間違えてサイズ違いを購入してしまったというお客様もいらっしゃいます。

お困りの際は工事の大小かかわらず、お気軽にお問い合わせ下さい。

雨樋の重要性について②

前回に引き続き、雨樋のお話をします。

雨樋は、雨水をスムーズに排水するためにきちんと勾配をつけています。その勾配が雪の重みでかわってしまうこともあります。すると、水の流れは変わってしまいますよね。それにより、排水不良を起こしてしまうこともあるのです。雪が原因の場合、ご加入の火災保険を適用できる可能性もあります。
特に大雪の後は、雨樋が壊れた、という問い合わせが多く、火災保険にて工事させていただいたものが数多くあります。
雪の多い新潟県では特に定期的に点検をすることをおすすめします。

次に主な雨樋の種類を紹介します。
塩ビ (塩化ビニル樹脂)製
塩ビは塩化ビニル樹脂の略称。日本の住宅・建物では、コスト面で経済的ということで塩ビ製の雨樋がたくさん使用されています。軽い・錆びない、というメリットもあります。製品の種類も豊富にあります。しかし、経年により色あせやひび割れなどが起こり、15年ほどでメンテナンスが必要になります。
ステンレス製
ステンレスのもっとも大きな特徴は、鉄に比べて 「さびにくいこと」。また、耐火性・低温特性に優れています。 
モダンで高級感があり、美しさも長持ちします。メンテナンスも容易なことから、幅広く用いられています。デメリットとしては高価なことが挙げられます。

弊社では、主に雪の重みにも夏の暑さにも強い『アイアン軒とい(スチール芯入り)』を使用していますが、ほかにも外観に合わせた形状・色など豊富に取り揃えています。

外壁や屋根とのバランス・外観など考えて、選ぶことをおすすめします。
屋根の大きさから降雨量を計算し、適切なサイズをご提案いたします。

新潟県では昨日梅雨入りしました。この機会に雨樋の点検をしてみてはいかがでしょうか?

雨樋の重要性について① 新潟県県央・燕三条

新潟県も梅雨入りしましたね。大雨など起こらないことを祈っております。

さて、今までにいくつか雨樋の工事の事例をお伝えしてきていますが、今日はその雨樋についてお話したいと思います。
皆さんのおうち、雨樋はついていますよね?この『雨樋』、実は大切な役割を果たしているんです。
雨のたくさん降る日本では、住まいを守る重要な部品なのです。
『雨樋』は屋根に降った雨水を一か所にまとめて排水しているのですが、これが建物の外壁や土台を傷めることを防いでくれているのです。

もし雨樋が機能していなかったら・・・
雨水がそのまま地面に流れ落ちるので、雨水が跳ね返って土台や外壁を汚します。基礎などにひび割れなど見られる場合はそこから雨水が侵入する恐れがあります。
また、外壁に雨水が伝わると、コケ・カビなどが生えやすくなったり、建物の内部も湿気がたまりやすくなってしまいます。
屋根の形状によっては雨樋に詰まった水が逆流してしまい、家の継ぎ目から雨水が侵入することもあります。
普段あまり気にすることのない場所ですが、雨樋は『縁の下の力持ち』なのです!!
雨樋の老朽化は住まいの老朽化につながる、ということがわかっていただけたでしょうか?

ぜひ、定期的なメンテナンスをおすすめします。

そこで、雨樋点検のポイントを4つ紹介します。
・ ゴミ詰まり : 落ち葉や砂等が詰まってうまく排水できなくなっていませんか?
・ 割れ・たわみ : 雨樋が割れたり、ゆがんだりしていませんか?雪の重みで壊れたままになっていませんか?
・ 色あせ : 色があせたり汚れたりしていませんか?弱ってきているサインです。
・ 金具や接続部のはずれ : 金具が錆びたり、針金が切れたりしていませんか?接続部はつながっていますか?

まずは、家の周りをぐるっとまわって確認してみてください。
小さな異変など見つかりましたら、いつでもどんなことでもご相談ください。
自分で確認してもわからない、という方、お気軽にお問い合わせください。点検は無料で行っております。無駄な工事を請求することございません。

こちらは雨樋のゴミの詰まりの例です。

このような問い合わせ、実はたくさんあるんです。そして、雨樋が壊れた、と思っている方が非常に多いです。
雨樋にゴミが詰まって排水不良を起こす、なんて考えないですよね。
簡単な作業のように思いますが、高い場所での作業で危険ですのでなるべく業者にお願いするとよいかと思います。

次回は、雨樋の種類などご紹介します。