屋根・外壁・雨樋の修理は富樫外装レスキュー隊へ!

雨樋工事

雪害による集水器の割れ 燕市

集水器の割れがあり、交換作業を行いました。
今年の大雪の際、雪に押されて割れてしまったようです。

今回、雪が引っかかりにくいシンプルなデザインのパナソニック製E型集水器に交換しました。
こちらの集水器にすることで、雪による割れが少なくなるかと思います。

雪で壊れてしまった場合は、火災保険を利用して工事できる場合が多々ありますので保険証券等をご確認ください。必要書類につきましては弊社で作成しますのでお気軽にご相談ください。
今回の工事のような一箇所の交換から承ります。また、雨樋の点検・掃除も承っております。

物置小屋の雪害による集水桝の損傷 火災保険利用 三条市

大雪の重みにより樋受け金具が変形し、集水器が壊れてしまいました。

こちらの小屋は火災保険に入られていたので火災保険を利用して修理することが可能でした。
雪による損傷の場合、火災保険を利用したり、見舞金が支払われることもあります。一度、ご加入の火災保険の確認をおすすめします。

ポーチ屋根の雨樋取り付け工事 三条市

以前外壁工事をさせていただいたN様より、「玄関の雪解け時の雨だれが気になる」と連絡をいただき、雨樋をつけさせていただきました。
入母屋屋根の立派な玄関です。

今回は範囲も狭く場所も良かったので、脚立と足場板を使って簡易足場を組みました。

横打鶴首金具を使用しました。

軒樋
金具と軒樋を取り付けて完了です。

小さなお困り事もお気軽にご相談ください。長年にわたる知識と経験からアドバイスをさせていただきます。

雨樋の排水不良の点検依頼 三条市

雨樋(軒樋)から雨が溢れるから見てほしいという依頼がありました。
軒樋に泥が溜まっていて、雨が流れない状態でした。泥が詰まっていると排水出来ません…

二階の屋根の雨樋でしたので梯子を使い、少しずつ掃除を行いました。
大量の泥が溜まっていました。

他の軒樋部分も掃除をしました。
雨樋を点検しましたが、金具の損傷や部品の割れ等なく状態は良好でした。

雨樋の掃除くらい自分で出来るよ!と思われるかもしれませんが、高所作業は大変危険ですので我々プロにお任せ下さい。

店舗ビルの折板樋排水不良の解消 三条市

本日は気温も高くなるようで張り切って現場作業をしています。

雪が解け、雨樋の不具合の問い合わせがありました。
雪が降っているころには気にならなかったが、雨樋から雨がバシャバシャ垂れてくる、とのことで現場調査を行いました。
雪の重みで雨樋に歪みが生じ、雨だれが起こっているのかと思いましたが、そうではなく、折板樋の中に泥がたくさん詰まっていました。

なかなか掃除しにくい場所でしたが、屋根に寝そべりながら手を伸ばして掃除しました。
泥を取り除くと水はきちんと流れ、排水不良は解消されました。

雨樋は枯れ葉や泥が溜まると排水不良を起こします。
高いところでの作業は危険です。点検は無料で行っておりますので、お気軽にご連絡ください。

LINE@問い合わせスタートしました。簡単登録ですぐに問い合わせが可能です。
https://line.me/R/ti/p/%40wpl5568b

大雪被害[雨樋の変形・破損] 三条市

今年は大雪の影響で雨樋の変形や破損が発生しています。
雪が減ったことにより、雨だれやゆがみに気付き、たくさん連絡をいただいております。
2つ事例を紹介します。
こちらは雨樋が雪の重みで変形しています。

    

Before⇒After

2つ目は雨樋がはずれています。

    

Before⇒After

どちらも修理させていただきました。
このように雪の重みで一箇所が壊れた、などという依頼でも喜んで修理させていただきます。
雪による損傷は雪害になりますので、ご加入の火災保険で修理できたり、見舞金が受け取れる場合もあります。

雨だれをそのままにしておくと、外壁もダメージを受けていきます。お早目の修理をおすすめします。
雨樋や屋根の点検等、無料で行っておりますのでお気軽にご連絡ください。

LINE@問い合わせスタートしました。簡単登録ですぐに問い合わせが可能です。
https://line.me/R/ti/p/%40wpl5568b

三条市K様邸 外壁リフォーム工事

Before⇒After

ホームページよりお問合せいただき、外壁リフォーム工事を行いました。
西面は日当たりの関係で劣化が激しかったので張り替えを行い、他の面は塗装で仕上げました。
それに伴い、瓦の割れの補修・雨樋掃除・ベランダ塗装・トイレのパイプファン取り付け・照明器具の交換なども行い、新しく蘇り、喜んでいただけました。

工事金額約120万円
工事期間2週間

 

工事前の写真です。西面の外壁は張り替え、他の面は塗装を行いました。


 

西面の外壁張り替え工事です。
既存外壁を外して透湿防水シートを確認しましたが、劣化は見られませんでしたのでそのまま使用しました。一部木下地の胴縁が腐食していたので、交換しました。


 

 
JFEのピッチブラックで加工した土台水切りを取り付けます。
そして、下から順番に新規金属サイディングを張っていきます。
外壁材:KMEWはる一番 細石柄 グラングレー

取りはずした室外機等再取り付し、西面の工事は完了です。


 

次に西面以外の塗装工事を行いました。
塗装を行う前に、外壁全面を高圧洗浄機にて汚れをきれいに落とします。
窓などに塗料がつかないようにしっかり養生を行います。

 
コーキングに劣化が見られましたので、打ち替えを行いました。

 
窯業系サイディング専用プライマー塗装を行い、仕上げ塗装をして完了です。


住宅の塗装後の写真です。


 

ベランダには大きなクラック(ひび、割れ)はありませんでしたが、小さいものが見られたのでトップコートのみ施工しました。ひび割れに非常に強い弾性用塗料を使用しました。

軒先の一枚の瓦に縦の亀裂が入っていたので、補修しました。
割れ目から入り込んだ雨水が軒先に排水されるように加工した板金板を差し込み、表面にコーキング処理を行いました。

雨樋掃除を行いました。
角形軒樋に泥がいっぱい溜まって、草が生えてきていました。
掃除後の写真はありませんが、バケツに2杯とれました。これで、排水不良の心配はありません。

 

屋根の破風板部分は、板金を上張りしました。

 
玄関ポーチ部分とベランダの軒天も塗装を行いました。


 

アルミ製庇(霧除け)は塗装しました。

トイレにパイプファンの設置を行いました。
穴をあけ、パイプファンを取り付けます。雨が入らないようにしっかり防水テープで防水処理をしました。
Panasonic製の人感センサータイプです。


Before⇒After

Before⇒After

外壁の塗装工事完了後、新しい玄関照明器具の取り付けを行いました。

これですべての工事が完了です。

田上市N様邸 外壁の張り替え・雨樋工事

20180129-01

Before⇒After

20180129-02

毎年3月に開催しているリフォームフェアにご来場いただき、工事を承りました。
会場で実際に外壁材を触っていただき、後日パソコンでシミュレーションをしながら、外壁材を選びました。リフォームフェア特典の旅行もとても喜んでいただけました。

工事金額約200万円
工事期間2週間

20180129-0320180129-04

外壁張り替え前の外観です。全体的にチョ―キング現象が見られ、部分的にボロボロしている所がありました。


20180129-05既存外壁を撤去後、幕板・土台水切りを切断し外しました。

 

20180129-0620180129-07

 


20180129-08

 

20180129-0920180129-10

霧除け屋根は張り替えました。そして、窓の上下にサッシ水切りを取り付けました。


20180129-1120180129-12

木下地部分の足りない箇所は足し、傷んでいる箇所は補修しました。
その後、透湿防水シートを全面に張りました。窓周りには防水テープを張り、万が一の漏水に備えてあります。


20180129-13

玄関ポーチ屋根は、既存屋根を撤去し、ルーフィング(防水紙)を張り、新規屋根を張りました。


20180129-1320180129-13

外壁は下から順に張り上げていきます。
外壁を張り終えた後、出隅コーナー、中間ジョーナーを被せて完成させます。


20180129-1420180129-15

窓廻りは、きれいに仕上げるためにマスキングテープで養生し、外壁に合わせた色のコーキングを塗ります。


20180129-1620180129-17

外壁張替え後、新規換気扇フードを取りつけました。また、エアコン・電気メーター、手すりなどを復旧しました。

20180129-18軒天を塗装し、新規LED照明器具を取りつけました。

 


20180129-1920180129-20

20180129-2120180129-22

既存雨樋・金具を全て撤去し、新規破風板を巻きました。補強付き樋受け金具を固定し、新規雨樋を取りつけました。


20180129-23

20180129-24

外壁完成後の写真です


20180129-25

また、屋根の調査の結果、部分的な錆がありましたので、補修しました。
錆落としをし、錆止めを塗り、仕上げ塗料を塗りました。

三条市T様邸 下屋の張り替え・雨樋工事

20180126_01

Before⇒After

屋根から雨漏りがあり、ホームページから依頼をいただきました。本屋の瓦には問題がなかったため、雨漏りしている下屋の工事を行いました。
また雨樋に関しては、火災保険にて雪害認定を受け、工事を行いました。

工事金額約40万円
工事期間約4日

既存の屋根は横葺金属屋根でした。屋根勾配を測ってみると2/10勾配で、本来このような緩い勾配では使用できない工法となっていました。これではコーキング処理などで雨漏りを止めることはできないので、張り替え工事を行いました。


←雨漏りする部屋の天井の状態です。

 

屋根の全面工事をする上でバルコニーが邪魔になるので一度撤去しました。

 


外壁との取り合い部分です。少し剥いでみると外壁下地の胴縁が腐食していましたので取り除きました。


次に既存屋根材を剥ぎました。
天井のシミが広範囲だったので屋根の木下地の腐食を心配していましたが、問題ありませんでした。


木下地の上に新しい改質アスファルトルーフィング(防水シート)を張りました。


そして新しい屋根材(立平ロック455)を張りました。
立平ロック工法は緩い勾配にも対応できる非常に防水性の高いものですので、安心です。


下り棟、土居棟はエスジーエル鋼板で包み込みました。
落雪防止用に雪止め金具とアングルを取り付けました。


最後にアルミ製バルコニーを復旧し、下屋工事の完了です。


また、屋根の現場調査の際に、雪害による雨樋の損傷に気が付きました。火災保険にて雪害認定を受けましたので、修理させていただきました。


樋受け金具と軒樋を取り替え、完了です。

雪害による雨樋の補修工事 加茂市

先月、雪が降る前に壊れた雨樋を直したい、と電話がきました。
1月に雪が降った時に壊れたようですが、忙しさもありそのままになっていたそうです。しかしまた雪の季節が近づき、心配になり電話を下さりました。

集水器部分が雪に押されて壊れていました。

Before⇒After

雪が引っかかりにくいシンプルなデザインのパナソニック製E型集水器に変更しました。

雪で壊れてしまった場合は、火災保険を利用して工事できる場合がありますので保険証券等をご確認ください。必要書類につきましては当社で作成しますのでお気軽にご相談ください。